3Dスキャナーによる岩盤の測量

道路改良工事6号工です。

松平バイパストンネル 大内町側坑口の掘削工事を行うため

岩盤の土量を3Dスキャナーによる測量により、計測します。

危険が伴う岩盤傾斜地のため、最善の方法を提案しながら

仕事を進めていきます。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中